健康生活と医療薬

panelists.html

健康に恵まれていると、医療の世界での慣習のようなものには疎くなります。
いざ病院にかかろうという時に、こんな時はどうなっているんだろうということが起こります。

 

かかりつけのお医者という言葉を聞くことがあります。
かかりつけ医というのは、日頃から世話になっていて、いざという大きな病気になった時に適した病院に送ってくれるお医者さんのことをいいます。

 

日常生活で、ちょっと健康のことで困ったことがあったときに相談に乗ってくれる存在です。
医療機関としての役割ということでいえば、広く浅く医療の知識に精通していて、頭痛から腰痛、うつといった心療内科的なものまで網羅して、その領域を超えた専門性の必要な病気のときは速やかに他の医療機関を紹介するという風に医療の窓口としての役割を担っているのです。

 

前もって患者に知識があるのであれば、最初から専門性の高いお医者さんにかかることはできます。
しかし、それは患者の判断が土台となっているので間違っている場合があります。

 

日頃から患者の様子を詳しく知っているかかりつけのお医者さんによる判断が患者にとっての効率と安全につながっていくと言うことができるのではないでしょうか。
かかりつけのお医者さんを見つけるのはどうすればいいのでしょうか。

 

最初のとっかかりとしては、自宅からのアクセスがいい所を探すです。次に重視するのは、医師間のネットワークが充実していることです。
そして、気軽に話しのすることのできるお医者さんが望ましいです。

 

自宅からのアクセスは、困ったときにすぐに駆け込むためには近い方がいいということです。
医師間のネットワークというのは、それぞれの症状に得意とするお医者さんに紹介してもらうためです。

 

そして、症状によっては伝えにくいことが発生することもあるので、何でも話せる様な信頼感の持てる、相性の合うお医者さんに出会うことが大切になってきます。
そして、かかりつけのお医者さんが決まったら、長くつきあっていくことになります。